イベント申し込み・お問い合わせ

いよいよ手術!

4月21日(水)関です。

【手術1週間前の検診】

手術が受けられるかどうかの検診やら説明がありました。

初めて受けたCT検査。コロナにかかってないかのチェックのためだそう。

寝転んでドームの中に入っていく、アレです。

「はい、息を止めて!」と機械に言われ止めたら急に新幹線のような音がしました。

ちょっと思っていたのと違って笑いをこらえて必死で息止め、きつかった笑

そして血液検査やら肺活量やら調べてもらい問題ないとのことであとは手術を受けるのみ。

 

【手術当日】

私は朝10時から手術予定で術前日の夜中12時までなら食べてよし、

当日朝6時までコップ1杯の水OKでした。

これを守らないと麻酔の時吐いたりして危ないんだって。

しかも手術中は紙オムツとのこと!

全身麻酔で筋肉が緩むらしく、呼吸もできないから呼吸器つけてもらって

飲みすぎるとおもらし・・・・?( ^ω^)・・・とか考えて

朝から喉が渇きすぎたけど歯磨きとかして自分をごまかして水を我慢しました。

が、コレがいけなかった!

 

病院につくとリカバリー室に通された。

私の前にもう1人手術を受けた人がいたみたい、その方が終わったら順番なので

それまではケータイ触っていいと言われ手術についてググったり。

そしたら麻酔効かなかった人のことだの痛いだのの記事見てしまい恐ろしくなっていたところ

前の人の手術が終わってしまった。

先生が私の鼻にガーゼを入れに来る。おそらく麻酔を含んだガーゼだと思う。

「普段2個入れるんだけどねー関さんの左鼻は頑張っても1個しか入らないね」

これは手術室でも先生と看護師さんで話題になっていた。wそんな曲がってるんだなぁ。

手術室へは自分で歩いて向かう。

ベッドの上に横たわり、ヘアキャップに手の甲に注射された。

そして酸素呼吸器つけますねーと言われ、これ絶対眠くなるやつだと思い

息止めて少し抵抗してみたが、ほんとに酸素だった。w

「もう一本注射打ちますがこれが麻酔です、だんだん腕が重くなりますよ」

と言われ打たれた注射、腕が重いじゃない痛すぎて・・先生これ私死にません?

と思った次の瞬間記憶がなくなり、気付いた時にはリカバリー室にいた。

手術終わったらしい。ほんとに寝ている間だった。

で、ありえなく喉の痛みが襲ってきた。

ナースコールして、「お水ください」

「ダメです、まだ麻酔が効いているので誤嚥して命にかかわります、3時間後です」

後悔した。なんで朝水を我慢したんだ。3時間なんて到底待てない。

ナースコールして「ベッドが血だらけになりました」「はいそのままでいいですよ」

ナースコールして「トイレにいきたいです」「お水もやっぱりほしいです」・・・

そうこうしていると隣(私の前に手術受けた)の人と看護師さんの声が聞こえた。

「お疲れさまでした。薬を受け取って気を付けて帰ってくださいね。」軽やかに帰っていった。

私も数時間後そうなるんだろうなー。長い長い3時間。

痛みや息苦しさから全く寝れずナースコールしまくり、ようやくその時がきた。

「関さん、もう帰っても大丈夫ですよ。着替えましょうか?」

えっ?・・・( ゚Д゚)

嬉しい反面、頭が痛い、顔も痛い、喉も痛い。

「・・・もうちょっといさせてもらってもいいでしょうか・・・」

結局薬なんてとりにいけず、薬局からわざわざかけつけて下さり、

タクシーまでも1人じゃ歩けず看護師さんに補助してもらって裏口出てから乗車。

隣の(私の前に手術した)人は勇者だと思った。w

 

 

長くなってしまったので続きまた明日かきますw

なんか小説家になった気分w( ^ω^)笑しごとしなさいって感じだけどw

お付き合い感謝ですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です