次世代型ライフスタイル

岩井です

3月25日(金)

今、世界ではスマートシティ、スマートグリッドという新たな動きがあるようです。

スマートシティとは、ITを駆使した電力システムや交通システム、

水インフラなどによって実現する

「地球環境に優しい都市のこと」

そんなプロジェクトにより、2030年までの累計で3000兆円を超える市場が生まれる

という予測に全世界が注目しているところ。

実際に日本でも政府指定の大規模な社会実証実験が4ヶ所で開始したようです。

その横浜市で、電気自動車(EV)付エコハウスの販売が始まりました。

太陽光発電はもちろん、エネファームと電気自動車(EV)が標準装備された家。

まさに未来型の家です。

補助金が出るものの、お値段は6000万円だそうです。

でも、大地震による原発事故問題があっている中、

太陽光発電は希望の持てる次世代エネルギーだと思います。

他にも火山大国ニッポンの切り札といえる地熱発電、

英国が力を入れている洋上風力発電

他にもいろいろあるようです。

やはり、身近になってきたのが太陽光発電で、

それを蓄電でき、効率よく使い、車も家で充電してしまう

そんな時代が来るのでしょう。

コンビニの駐車場で充電することになるかもしれませんね。

また時代が大きく進化していきそうです。

ワクワクします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

どんなことでもお気軽にご相談ください!
空間プロデュースNICO
TEL 096-286-8700