らぁめん柿の木 甲斐様インタビュー

鹿児島に2店舗展開され、今回初めて熊本に出店された
らぁめん柿の木のオーナー甲斐 等様にお話しをお伺いしました。

自己紹介、お店の紹介をお願いします。

甲斐 等と申します。22歳で大学を卒業し、学校の事務職を4年経験しました。
その後実家が創業70年の靴屋の卸しをしていたので4年間手伝いました。 ラーメン屋に出会ったのは30歳。
知人の話がきっかけでした。当時経営のノウハウなど全く持たず裸一貫で始めたフランチャイズ店でしたが、
開店と同時に行列。日曜日には500人以上来客があり、当時「俺ってスゴイ!」と天狗のような気分になっていました。
しかしよい状況というのはなかなか続かず、1年経つことに売上も落ちていきました。落ちるたびに努力しますが、
3年目からは何をしてもダメ、5年目くらいから厳しくなりました。 7年目くらいの時でしょうか?
自分の人生をガラリと変えるメンター(心の指導者)に会いました。境遇が似ているその方がしきりに言われること、それは「ありがとう」と言えば必ず返ってくるということでした。その方のものすごい熱意にほだされ、半信半疑ではありましたが自分も「ありがとう」を意識的に言うようになりました。すると次第に周りの環境が変わり、心まで明るくなってきたんです。気付けば1日1000回、毎日言うようになっていました。起こったことは変わることはないけれど、心のもちようは変えられる。ありがとうにはすごいパワーがあると気づかされました。
フランチャイズの店を初めて10年、そろそろオリジナルのお店を構えたいと考えるようになりました。10坪くらいの小さなお店。
自分が食べていけたらいいかという気持ちで場所を決め、いよいよ明日から着工。というときにまさかの不良物件ということがわかり工事ができませんでした。そのことを知人に相談すると「夫婦そろって、散歩や墓参りをしてごらん。きっと1週間で物件が見つかるよ。」といわれ半信半疑でやってみることにしました。するとちょうど1週間で次の物件(のちの鹿児島本店)が見つかりました。
ついにらぁめん柿の木(鹿児島本店)オープン夢に見た自分のお店。
ラーメン屋では一日100杯売れればいいと言われていたのですが何も宣伝していない初日に100杯を1時半に完売。いろいろあったけれど、こうして頑張り続けてきたからお客様が来てくれるんだと思いました。しかし、あまりに初めから売れ出してしまったので、また天狗になってしまいました。
2店舗目らぁめん実家1店舗目の売上が好調だったので内装からビシッと作ったお店。欲がでて利益をだそうだそうとするとお客様は離れていくんですよね。
天狗になるとどこかで落とし穴があり、今年8月に閉めることにしました。 その後マルヤガーデンズ店をオープンそして熊本店を出店しました。 私は欲が深い方だと思います。
利益を出そうと試み、天狗になると必ず落とし穴にはまると思います。なので、カンボジアの子どもたちに学校を作ると出口を決めておくことにしました。
そのためにも200店舗出店を目標に、カンボジアの子どもたちに限らず世界の子どもたちの笑顔のために頑張っています。

 

カンボジアの子どもたちに学校・・・ということについて教えて頂けないでしょうか?

3年ほど前、知り合いにカンボジアの支援をしている人がいてその人にビデオを見せてもらったのがとても印象的だったんです。
カンボジアの子は空腹でお腹が張っているんですが、目はとてもキラキラしているんです。
それは5歳くらいの子どもが夢を語るビデオで「大人になること」が夢と言っていました。その言葉がずっと耳を離れないんです。
大人になることが夢ではなくて、それからの夢を持ってほしい。奥さんも子どもが大好きなので、私の想いに大賛成でした。
そのビデオを見てからカンボジアに生まれた子に申し訳ない気持ちと、僕たちにできることは何かを考えるようになりました。

どうして200店舗なのですか?

人がやっていないことをしてみたいと思いました。60歳(あと13年)で達成することを目標にしていいます。
カンボジアだけではなく、ネパールなど世界中に学校を建て支援していけたらと思います。

どうして熊本なのでしょうか?

西山さんにお会いしたこともありますが、200店舗を展開することを目標にしているので、
どうせするなら厳しいと言われる熊本に出店しハードルを上げてチャレンジしてみようと思いました。

 

②オープンまでに起こった悩みはありますか?

急に契約が決まったので、借入れで少々苦労しました。後、県外ということも大変でした。
他にはハコが大きいからここで大丈夫かな?と思ったことですかね?

③お勤めの時とお店を持たれた時とで何か変化はありましたか?

フランチャイズのラーメン屋んときは15時間労働で大変でした。
子どもはいつもおばあちゃんに預けていて、ラーメンをしたことを後悔したこともありました。
しかし、今は目標に向かって取り組むこと、ラーメンを通していろいろなことを学ぶことが楽しいですね。
心が強くなったと思います。逃げることもできない、さまざまな決断もしなくてはいけないですからね。

④ニッポン工業に依頼した理由は何ですか?

西山さんを100%信頼していたからですね。

⑤ニッポン工業に対する印象はどうですか?

今までの経験上、内装業者さんにはマイナスのイメージしかありませんでした。
またニッポン工業という名前を聞いた時、カタイ名前だったので初めはとても心配しました。
ですが、西山さんを信頼し、何回か会社に足を運ぶことで今までの内装業者さんとは違うということに気づきました。
いつの間にか心配も消えていきましたね。

⑥独立開業をする方にアドバイスをお願いします。

自分の周りにいる人を大切にして下さい。
あとはオープンする前から出したいお店のイメージを(一言でこんなお店ですと)固めておくといいと思います。
(接客や雰囲気なども)その人の想いがどれだけお店やスタッフやお客様に伝わるかが重要です。
人がしていないもの、人に負けないなにかを持って出していくことです。

 

⑦差支えなければ、広告宣伝をどのようにされているか教えて頂けないでしょうか?

鹿児島ではほとんどしていないですね。少し前はTVCMを考えていました。
サンクスでカップラーメンが発売されてからスープが完売になる日も多くなりました。
熊本ではもっとしていかなければならないと思います。

⑧売上が落ちた時(以前のお店、今のお店)の心境、対策などを教えて頂けないでしょうか?

以前の店では、とにかく人にあたってイライラしていました。悪いことを全てやっていましたね。
表情は常にしかめっ面ですよね。自分が悪いと思わず、人のせいにしかしていませんでした。
今はまず心を落ち着かせます。心がイライラしているとお客様に伝わります。
こういう時こそ感謝の気持ちをもつ、「ありがとう」を言うようにしています。
プラスのことが見えてきて心も体も軽くなって行動力もでてきますね。

甲斐様お忙しい中ありがとうございました。

らぁめん柿の木

熊本市湖東3丁目200番

096-237-7788

11:00~16:00

18:00~22:30(OS22:00)

年中無休

どんなことでもお気軽にご相談ください!
空間プロデュースnico
TEL 096-286-8700