イベント申し込み・お問い合わせ

慢性副鼻腔炎手術

4月20日(火)関です。

さて、今日は先日行ってもらった手術について書きたいと思います。

いろいろな人のブログを見て参考になったので私も書いてみようと思ったのです。

仕事にまーったく関係ないので興味がない方はスルーしてください(^^)/

 

【手術しようと思ったきっかけ】

20数年、鼻炎持ちの私。

小学校に検診に来る耳鼻科の先生からいつも受診しなさいという紹介状をもらって帰ってきてました。

母も心配し初めのころは耳鼻科に通っていましたがその当時からしっかり治すには手術だと言われ、

上歯茎の裏を切ると言われ拒否していたことと、その費用の面でも余裕もなく

次の年からは招待状を無視しておりました。

そんなこんなで放置したまま20数年。鼻水は相変わらずのこと、

鼻をかむとキューっと異音がしたり、頭痛がしたりひどくなっているなーと感じたので

手術もできる耳鼻科にいってみました。

 

【病院で】

「鼻ぶつけましたか?」まず先生に言われたのがコレ。w

大抵の人は曲がっているらしいけれど極端すぎたようで。

診察してもらうとアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症と診断されました。

要はアレルギー反応でできてしまった膿が溜まっていて、鼻も曲がってますよーとのこと。

「副鼻腔炎は薬で治せなくはないけれど、骨が曲がっているのは薬では治せませんよ。」

確かにーww先生わかりやすっ!

 

鼻の奥には複数の副鼻腔と言われる穴があって、

通常は空気の通り道だけど、私の場合そこが膿やらポリープやらで埋まっているらしい。

で、そもそも鼻が曲がっているからその膿をとっても鼻づまりは改善しないので手術するなら

鼻をまっすぐにして、さらに穴を全部繋げちゃうらしい。(上の下手な図参照)

鼻をまっすぐするには、ただまっすぐすると長くてまた曲がってしまうので上下を少しカットして

バキっと折ってまっすぐにするとのこと。恐ろし!

穴を全部繋げるのは膿を出しやすくするんですって。たまると頭痛がするもんな。

これを聞いたらやっぱり手術こわっと思ったのですが、この手術全部鼻の穴から内視鏡でできるんですって!

しかも全身麻酔。起きたら終わってますよとのこと。

令和、時代が進んでいることに感謝。やるしかないでしょ(^u^)

 

ということで実際の手術~はまた翌日書きます。w

お付き合いありがとうございます(^u^)

“慢性副鼻腔炎手術” への3件のフィードバック

  1. こんにちは(^-^)お久しぶりです

    私もアレルギー性鼻炎持ちで、ちょっと無理するとすぐ副鼻腔炎になりがちなので、辛さが分かります( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )
    慢性なんて相当お辛いですね 泣
    興味ある人もいますよーここに、ということで
    コメントさせていただきました。お大事にされてください

    • わぁ(;O;)
      現在在宅ワークをさせてもらっていて、携帯が手元になくてインスタでnaさんや皆さんの近況も見れず寂しく思っていました。お元気にされていますか?お店の近況やらも伺いたかったです。
      すっかり個人ブログ化させてしまったなぁと思っていたところだったのですが、こうして見てくださる方がいるんだと思うと嬉しいです。
      naさんも鼻炎持ちなのですね。ひどくならないよう無理されないでくださいね!
      naさんのコメント、薬より沁みました(;O;)ありがとうございます。

  2. こんにちは~
    痛みの中のご返信ありがとうございます。
    最近インスタの投稿がなかったの、そうだったんですね‪( •̥ ˍ •̥ )‬
    回復に向かわれているようで、安心しました。
    次回お会い出来る日を楽しみにしています◡̈*.。✩.*˚

seki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です