手打ちそばたか木様インタビュー

山鹿で手打ちそばたか木を開業された
髙木 裕様にお話しをお伺いしました。

自己紹介、お店の紹介をお願いします。

お店のコンセプトは地産地消。阿蘇外輪山の尾の岳南麓から流れ出す清流菊池川のほとり、
のどかな田園地帯が広がる山鹿市小原地区で育てられた地元山鹿産蕎麦粉に良質な山鹿温泉の温泉水を使ってつなぎなしで練り上げた十割そばが魅力です。
このそばの店を開業する以前は、福岡で7年間和食料理店を経営していましたが家庭の事情で実家のある山鹿へ戻ることとなり、
山鹿で店を開業することになりました。山鹿では単価の高い和食をするのは少し厳しい、だからなるべく単価の安くていいものをと考えると粉もの。
ラーメン、お好み焼き、そば・・・といろいろ考えましたが>今までの技術と知識が使えるのはそばかなと思いました。

 

②オープンまでに起こった悩みはありますか?

スタッフ集めですかね?ハローワークで求人票を出してひたすら待ちました。
今はとってもいい人材を雇うことができています。融資、内装、材料はすぐに決まりましたね。仕入先の開拓は少し大変でした。
あとは・・・・・場所も悩みましたね。私の場合、少しやり方が違って、いいなと思うところの家主さんに直接声をかけて場所を貸して頂けないか交渉に行きました。
法務局に行って、気になる土地の地主さんを調べて訪問して・・・・いいなと思うところがダメだったら空いているところにしようと思っていました。
結果全部ダメだったんですけれどね。

③お勤めの時と独立した後で何かお変わりはありますか?

福岡でもお店を出していたので特に変化はないですね。

④ニッポン工業に依頼した理由は何ですか?

親戚の紹介です。

 

⑤ニッポン工業に対する印象はどうですか?

店舗に強い。お客様の商売に対して強いですよね。

⑥独立開業を目指す方へ一言アドバイスをお願いします。

内装はお金はかけた方がいい。後からやり直しがきかないから。
客席数、厨房の広さのバランスをしっかり考えた方がいい。

⑦広告宣伝はどのようにされていますか?

オープンの時にハガキを2000枚ほど撒きました。
これは髙木会長のアイディアなんですけれどはがきにはお店の地図と「どんなお店ができるでしょうか?」という内容で
1等5万円の賞金のあるクイズで答えを書いて送ってもらうもので、お店に置いてもらったりポスティングをしたりしました。
3~400枚ほど戻りがありましたよ。あとはホームページですかね。

 

⑧今後の目標、取り入れていきたいことなどあったら教えて下さい。

まだ最初の目標が達成できていないからね。地元の人に親しんでもらえるお店、全国的に見て水準の高い、いいお店、どこの県の人がきてもいい店と思う店です。

最初の目標とは何ですか?

毎日満席にすること。10年間毎日満席というのは難しいですけれど、一定の期間ないと続けられないと思うんですよね。
満席にするためには、安くて、雰囲気がよくて、美味しいお店。
どれか1つだけが抜きんでていてもダメなんです。
ギリギリの価格で最高のサービスを目指しています。

 

⑨高級感のあるお店と感じますが、ターゲット層などありますか?

どのような方に来ていただきたいですか?OLさんが普通にランチに来れるようなお店にしたいですね。
内装やうつわにはお金をかけました。うつわ、おぼんなどお膳1つで5~6000円ほどかかっているんですがその中のそば580円で食べられるんです。
どんな方でも来ていただきたいですね。

⑩もし売上が落ちた時などどのような対処をされますか?

原因を見つけます。3つの要素(料理・雰囲気サービス・価格)を見直します。
売上が落ちたからどう対処するというよりもなぜ売上が落ちたかを追求し、それを見直さないと同じですよね。

髙木様お忙しいところありがとうございました。

 

手打ちそばたか木

山鹿市大橋通601

0968-36-9348

http://soba-takaki.jp

営業時間11:00~21:00

店舗施工例はこちら

どんなことでもお気軽にご相談ください!
空間プロデュースnico
TEL 096-286-8700