手打ちそば芳寿 大津様インタビュー

八代市役所そばに新しくオープンした手打ちそばの店 芳寿 代表 大津様にお話しを伺いました。

自己紹介をお願い致します。
長崎で生まれ、学校を卒業後は実家の自営業を手伝っておりましたが
経営が悪化し、熊本へ移り会社勤めにでました。
しかし気を遣う性格上、伺いを立てて作業をすすめる仕事内容が合わず
自分一人でもできるような仕事をしたいと思うようなり
市内のお蕎麦屋さんに就職。
当初は、お店を出そうという気はなかったのですが、
経験を積むうち将来的に出したいという気持ちが生まれ、
4~5年勤めたのち形ができてきたので出店に踏み切りました。

お店の場所について
妻と二人で営業することから
妻の地元である八代に出店しました。
生まれも勤め先も縁がなかった場所なので土地勘がなく、
以前うどん店が入っていたテナントだと工事費用が抑えられるのでは
という気持ちからこの場所に決めました。

ラーメン屋さんや蕎麦店は回転率をいかに上げるかと言われていますが、
落ち着いた雰囲気でゆっくりと食事を楽しんで頂ける店にしたいと思います。

開業するにあたって不安や悩みはありましたか?
お客様が本当に来てくれるかということです。
店の近くには病院や役所があり平日は仕事で車の通りも多いのですが、
週末は休みのためかガラリとしているので人が集まりにくいのではないかと不安です。
まずは多くの人に認知してもらいたいです。

お勤めの時と独立した後で何か変化はありましたか?
全部自分で決められるので
気疲れすることがなく、やりがいもあります。

ニッポン工業に依頼した理由は何ですか?
知り合いから厨房屋さんを、
厨房屋さんから西山さん(元スタッフ)を、
西山さんからニッポン工業さんを紹介してもらいました。


ニッポン工業の印象はどうですか?
お会いしたことがなかったので始めは不安だったのですが、
出来上がった雰囲気もよく、丁寧に仕上げて頂いて感謝しています。
厨房屋さんにはこんなに早くできないと言われたのですが、
厨房屋さんの搬入が間に合わないほど素早く工事も進めて頂き、
オープンを迎えることができました。

独立開業を目指す方へ一言アドバイスをお願いします。
イメージしていたよりも余分にお金がかかります。
オープンまでには次々に足りないものがでては買い足し、
残しておきたいお金も使うことになってしまったので、
予定よりも多めに準備されるといいと思います。

広告や宣伝はどのようにされていますか?
このテナントがある通町の組合に入りました。
大家さんも組合に所属されているのですがよくして下さり
組合のみなさんに紹介して下さったんです。
横のつながりも大切にしたいと思います。

チラシ等は余裕がでてくれば出したいとは思いますが
今のところは考えておらず、
来てくれた方がSNS等で広めて頂けるような雰囲気にしたいと思います。

オープンまでの流れを教えて下さい。
住まいも勤め先も熊本市内でしたが、
融資は今後のことを考えて八代の銀行で進めたので
熊本から何度も行き来しました。
融資が決まり着工すると、食材関係を扱う業者に何軒も電話をかけました。
業者さんと打ち合わせをする傍ら、レジや電話関係、鍋、食器類など
備品を購入し揃えました。
あれもないこれもないと次々に必要なものがでてきて買い足しに行きました。
その後名刺やお品書きを製作しました。

こだわっている点はありますか?
ダシです。
醤油に鰹節、こんぶやお酒など食材は一切妥協せずに
いいものを使用し関東風のそばつゆに仕上げています。
そば粉も熊本県産のものを使用していますので
安心して召し上がって頂きたいです。

目標はありますか?
八代にそば屋は少ないので多くの人に認知されたいです。
カレーやラーメンは週に1回食べるという人も多いかと思いますが
そばを週に1回食べる方は少ないと思います。
うどんが主流の中でそばも日頃の食事に入れてもらえるような文化を作りたいです。

大津様ありがとうございました。

手打ちそば 芳寿

熊本県八代市通町8-4(1F)

0965-43-0039

11:30~15:00 17:00~20:00

日曜店休日(予定)

どんなことでもお気軽にご相談ください!
空間プロデュースnico
TEL 096-286-8700