雲仙普賢岳朝駆け

9月11日(月)関です(‘ω’)ノ

兼ねてから行ってみたかった雲仙!普賢岳に行ってきました!

いつも501号線、河内の海沿いを通ると見える雲仙。

よーく雲がかかっていて、気になっていましたが、ついに登頂しました(‘ω’)ノ

雲仙へは関家から190km。w

日の出は6時。山頂へは2時間。

ということで逆算して

関家を23時出発→0時なっさん家→4時登山口→6時山頂。

なっさんが寝坊したので出発が30分遅れましたが3時20分に雲仙着。あれ?

なっさん家から3時間しかかかってないw

しかし、登山口行ってみてびっくり( ゚Д゚)!あれ?閉まってる!!!!

私たちが考えていたルート、仁田峠→紅葉茶屋→普賢岳

の仁田峠は8時に開場するらしく入れなかったのです( ゚Д゚)

ということでググってでてきた池之原園子→仁田峠→紅葉茶屋→普賢岳へ。

通常車でいけるところを歩いて40分。

池之原園子→仁田峠が登る登る登る。(*´Д`)きつかったー

仁田峠に着いた時、もうこれはご来光までに間に合わないと思ったのですが、

仁田峠からのルートは大半がスニーカーでもいけるハイキングコースになっていたので

さっきのきついルートが噓のようにスイスイ(*‘ω‘ *)無事マジックアワーまでに登れました(*‘∀‘)

ん(‘ω’)ノ???

登ってみて私たちは気づきました。

目の前の山でご来光みえんくない(‘ω’)ノ???

普賢岳の目の前にあるのは、平成新山。

まだ山頂はモクモク煙がでていて、山頂付近は立ち入り規制されている山。

普賢岳からちょうど日が昇る位置に、ここよりも高い平成新山が立ちはだかるのです。

「でもさ、もしかしたら、山のとっぺんから太陽がでるやつありえるよね?」

私たちは期待でいっぱい。(‘ω’)ノ

日の出の6時になっても太陽は見えず待つこと20分。

wwwwww

朝駆けしている人一人もいなかった理由が分かりましたww

ということでいつものなっさんお楽しみタイム

いつもオーソドックスでないタイプのカップ面を持ってくるのがなっさん流ww

日の出も撮り、ご飯も食べましたが、

何だか物足りなかったので縦走することに!

次はこの山に登ります。国見岳。

お隣の山で1時間もあればいけるとのこと。

ここから見るとちょっと心折れそうになりますが、

鎖場とかあって、手を使って登ったりするので楽しいのです(‘ω’)ノ

そして国見岳登頂(‘ω’)ノ

もう太陽はすっかり上がってしまいましたが、

奥に見えるのが平成新山、手前がさっきいた普賢岳。

やっぱりご来光は平成新山が邪魔して見えなさそうですww

そして妙見岳を目指します。

ん?|д゚)

山頂がない!!!!

私たちは探しました。行ったり来たり。

でも見つからずググってみると何年か前に神社からの道を封鎖されたそうで、立ち入り禁止の看板が。

仕方がないので近くの展望所で。だいぶガスがでてきていました(‘ω’)ノ

帰りはふもとの温泉へ。

白く濁った、きっと肌によさそうな温泉だったのですが、

硫黄臭が強く、家に帰っても自分から硫黄の香り立ち込め、再度お風呂へ。www

いろいろありましたが、やっぱり新しい山、楽しいー(‘ω’)ノ

仁田峠からだと、かなり登りやすいです(‘ω’)ノ初心者の方ぜひ(‘ω’)ノ

天空のなっさんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

どんなことでもお気軽にご相談ください!
空間プロデュースNICO
TEL 096-286-8700